父の死

こんにちは、KOKIです。

今回は少しばかり父の死について書きたいと思います。

 

以前の記事に書いたとおり、このブログの更新がストップしてしまった理由は父の死でした。

私は長男なので、父の死後は色んな手続きを済まさなくてはなりませんでした。

全てが初めてで分からないことだらけ。毎日色んなところへ出向き大忙しでした。

親戚の方には父をけなされ怒鳴られることもありましたね。(田舎は色々と大変なんです…)

体だけでなく毎日心も疲弊していき、正直しばらくは父親の死と向き合うことはできませんでした。

というかする気持ちになれなかったです。

 

父は特に病気をしていたわけでもなく、突然死でした。53歳でした。

当時は死因が分からず心不全として処理されました。

当時、父と母は別居しており、父が亡くなる瞬間のことを誰も知りません。

ベッドの中で眠るように亡くなっていた、とのことだったのですが、息を引き取る前に父に何が起こったのかは分かりません。

でも今になって分かることは、おそらく心室細動が起こり失神し、そのまま心臓の動きが止まり亡くなったんだろうということです。

苦しむことなく死ぬことができた。

これが分かっただけでも救いです。

ブルガダ症候群は遺伝するという話だったので、おそらく父もブルガダ症候群だったのでしょう。

むしろそうであって欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です