サザンビーチ花火大会の楽しみ方!穴場スポットやおすすめアクセス方法など

2018年サザンビーチ花火大会

今年も家族でサザンビーチ花火大会に行ってきました!

今年は天気も良く夜も涼しく最高のコンディションの中楽しむことができました!

さてサザンビーチ花火大会といえば湘南は茅ヶ崎にあるサザンビーチという海水浴場で毎年開催されている花火大会です。

打ち上げ数3,000発、来場者数4万人と湘南の花火大会の中でも中堅クラスの花火大会です。

今年で44回目の開催となり、我が家は茅ヶ崎に越して来てから毎年楽しませてもらっています。

キレイに撮れてませんが、フィナーレはこんな感じ!

水中花火も見れます

そしてそろそろサザンビーチ花火大会にも愛着が湧いてきた頃なので、サザンビーチ花火大会をもっと知ってもらおうと記事にすることにしました!

今回紹介するのはこんなことです↓

・場所取りについて(穴場スポットなど)
・オススメのアクセス方法
・サザンビーチ花火大会の楽しみ方
・海で見る花火大会の注意点
・小さな子供がいる場合の注意点

 

湘南の花火大会に関してはこちらの記事もどうぞ!

湘南の花火大会!湘南っぽい花火大会の楽しみ方

 

サザンビーチ花火大会概要

 

開催日:8月第一土曜日
打ち上げ場所:サザンビーチ海上
打ち上げ数:約3,000発
アクセス:駅から徒歩20分(茅ヶ崎駅より臨時バスあり)
花火が見える場所:茅ヶ崎市内の海外ならどこでも
屋台:なし※
子連れファミリーへのオススメ度:とってもオススメ!

※屋台は出店禁止となっていますが、駅から海への道沿いには様々なカフェやバーがあり店の前で飲み物や食べ物を買うことができます。

場所取りはイージーモード

さてまずはサザンビーチ花火大会の気になる場所取り事情についてですが、実は・・・

場所取りの心配は一切ありません!

なぜかと言うとサザンビーチ花火大会は茅ヶ崎市の海岸であればどこからでも見ることができるので、海岸全体に人が分散するからです。

花火が見れるはこの一帯。

ご覧の通り茅ヶ崎市の海岸は約5〜6kmほどあり、この一帯に人が分散する感じです。

(もちろん藤沢市の海岸からも見れます。)

さすがに5〜6kmの海岸全体を人がぎっしり埋め尽くすということはないので、

サザンビーチを避ければどこでも穴場スポット

と言えるほどスペースには余裕があるのです!

 

メイン会場から離れれば離れるほど人は少なくなっていくので、会場に到着したらのんびり海を散歩しつつメイン会場から藤沢方面へと遠ざかっていくのがおすすめです!

しかし地元の人たちは基本的に家の近くの海で花火を楽しむので、どこにいっても海岸には一定の人がいることは覚えておいてください。

尚、今年我が家は花火大会開始5分前に海に到着しましたがそれでも場所は選び放題でした。

勿論多少の人混みはあるのですが普通にレジャーシートを敷きテーブルを設置するスペースを確保することができましたよ。

オススメのアクセス方法

やはり王道は茅ヶ崎駅から臨時運行のバスに乗るか歩いていくかの二択になります。

しかしそのルートだと混雑は避けられないので、混雑がどうしても嫌で花火もとりあえず見れればいいやという方や、小さなお子さんがいる方には

辻堂駅からのアクセスがオススメです。

辻堂駅から辻堂海浜公園までバスで向かい、公園から海へアクセスする方法であれば人も少なくまったり楽しむことができます。

昼間は辻堂駅海浜公園や海浜公園に併設されている辻堂ジャンボプール、公園の前の海で遊んでからそのまま花火大会を楽しむのもいいですし、暑さが心配であれば駅直結のテラスモール湘南でショッピングを楽しんだ後その流れで花火大会という楽しみ方もできます。

ちなみに辻堂海浜公園付近からだと花火はこれくらいのサイズ感で見えます。

結構小さいですが、まったり楽しむには全然アリだと思います!

尚、車でアクセスしたいという方もいるかもしれませんが、藤沢市と違って茅ヶ崎にはパーキングがとても少なく大きなパーキングもないのであまりオススメはできません。

海の近くの駐車場は常にサーファーで埋まっていることも珍しくないので、車でアクセスする場合は早め早めの行動を心がけましょう!

※Google Mapで「パーキング」と検索してもほとんど出てこないので自力で調べましょう!

〇〇しながら花火大会!

こちらの記事

湘南の花火大会!湘南っぽい花火大会の楽しみ方

でも紹介していますが、湘南の花火大会の楽しみ方として

海でBBQをしながら花火を見る

という楽しみ方があります!

それほんとに大丈夫?と思われそうですが

湘南では海水浴場以外のであれば海でのBBQは許可されている

のです!

 

おまけにサザンビーチ花火大会はこのBBQ花火大会がもっともやりやすい花火大会とも言えます。

なぜなら同じ湘南でも藤沢市や鎌倉市、逗子市では海岸のほとんどが海水浴場になっているためBBQができないからです(藤沢市はほとんどとまではいきませんが)。

一方茅ヶ崎には海水浴場がサザンビーチしかないので、ほとんどのエリアでBBQを楽しむことができるというわけです!

なので毎年BBQをやりながら花火を楽しんでいる人たちが少数派ではありますが一定数います。

どこからともなくいい香りが漂うんですよね〜(笑)

他の花火大会ほど人が集まらないからこそできる楽しみ方ですね!

BBQしながら花火大会を楽しみたい人はサザンビーチ花火大会がオススメです!

海で花火を見るときの注意点

砂浜から花火を見るのは楽しい反面注意しなければいけないことも多いです。

  • 靴に砂が入る→サンダル必須
  • 風で砂が舞う→食べ物についてしまう
  • 砂で足元をすくわれる→歩きにくく疲れます
  • レジャーシート必須→荷物がかさばる
  • トイレは屋外簡易トイレ→一応ちゃんとしたトイレがあるところもあります

やはり砂の存在が不快指数を上げる一番の理由です。

風で食べ物に砂がついてしまったり、砂浜だから物を地面に置けなかったり、レジャーシートの上に砂があがってきてしまったり、手をついたら手に砂がいっぱいついたり・・・

何かと砂にはイラッとさせられます(笑)

とりあえずサンダル、レジャーシート、お手拭きの三点セットがあればなんとかなりますが、砂がストレスの原因になることは覚悟しましょう!

場所によってはウッドデッキのようになっている場所もあるので、そこを狙うのもありですね!

小さなお子さんがいる場合の注意点

小さなお子さんを連れて花火大会に行くこと自体結構ハードルが高いことですが、海で花火を見るとなると更にハードルが高くなります。

先ほど書いた砂浜で花火を楽しむ際の注意点の他に

  • ベビーカーは基本NG→砂浜は走れません
  • 子供が砂で遊び始める→食べ物についたり最悪口にいれてしまうことも
  • レジャーシートを敷いても砂が上がり込んでくる→赤ちゃんをハイハイさせられない

などなど気を配らなければならないことは多いです。

そもそも小さい子供を連れて人混みの中に行くのは何かと危険ですし、

小さな子供は途中で花火に飽きてしまいます(笑)

なのでガッツリ花火を見てやろうという気持ちで行くのではなく、フラッと立ち寄って軽く見て帰る気持ちで行くと意外とストレスなく楽しめるかもしれません!

せっかくなんだから全部見たい!という親のエゴを押し付けないようにしたいですね。

まとめ

  • サザンビーチ花火大会はサザンビーチを避ければどこでも穴場!
  • サザンビーチに着いたらまずは江ノ島方面に歩こう!
  • 混雑を避けてまったり見たい人には辻堂駅→辻堂海浜公園もオススメ!(花火は結構小さく見えますが)
  • サザンビーチ花火大会は海でBBQをしながら花火を楽しめる!
  • 砂浜での花火鑑賞は砂にご用心!
  • ベビーカーは絶対NG!

今回は花火大会について書きましたが、茅ヶ崎では駅前で自転車をレンタルしてお洒落なお店やお洒落スポットを散策するコースや江の島を目指して海沿いを自転車でのんびり楽しむコース、サザンビーチでサーフボードやSUPなどを借りてマリンスポーツを楽しむコースなど湘南ならではの楽しみ方をすることができます!

花火大会を見る前に是非茅ヶ崎や江ノ島周辺のTHE湘南と言える雰囲気を味わっていただけると嬉しいです!

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です